日々進歩している栄養業界で、
自らをも高めていくことが出来ます!

 

キャリアについて

前職では別の食品メーカーの営業として、量販店やコンビニエンスストアの本部に対し、製品の販促提案などを行っておりました。

ネスレ ヘルスサイエンスに入社を決めた理由は何ですか?

社会貢献性の高い医療・介護という業界全般に興味を持っていましたが、そんな中で前職と同じ『食』という生きる上でのもっとも基本的なものを通じて、お客様の力になることが出来るということに強い魅力を感じ、入社を決めました。また、ネスレというグローバル企業の中でもヘルスサイエンスが、高齢化の進むこれからの市場を牽引していく、重要な事業という位置づけであると感じたことも理由の一つです。

現在の仕事内容と、やりがいを感じるポイントを教えてください。

沖縄県の担当として、担当先の医療機関や介護施設の医療従事者に、流動食や栄養補助食品を提案すると共に、栄養管理に関する様々なご相談にお応えしています。これらの活動により会社の実績が上がることはもちろんやりがいの一つではありますが、お客様の栄養管理のお役にたち、医療従事者と喜びを共有できるというのは、この業界ならではやりがいではないかと思います。

中途入社に不安はありましたか?研修や、入社後のフォロー体制はいかがでしたか?

医療・介護という専門性が求められる業界に自分が入って行けるのか、正直とても不安がありました。しかし約2か月に及ぶ研修で、医療・介護業界や栄養に関する知識だけでなく、営業スキルやプレゼンスキルなど細かな指導があり、自信を持って営業現場に出ることが出来ました。実際に現場に出てみると、研修中に得た知識や経験を活かせるシーンが多々あり、とても充実した研修であったと今でも思っています。

ネスレ ヘルスサイエンスの、他社に負けない強みとは何だと感じますか?

まずは『製品力』。世界的な栄養のリーディングカンパニーとして、科学的根拠に基づいた製品開発が行われているので、自信を持って医療従事者の方々にご提案することが出来ます。そして『営業力』。個々のセールスパーソンが高い知識とモチベーションをもっており、栄養市場の開拓者として粘り強い営業活動を行っています。