思った以上に「栄養」は奥が深く、だからこそ面白い!と感じるチャレンジングな毎日です


---現在の仕事について
神野: 僕は東京、山﨑は岩手だよね。
山﨑: エリアは違うけど、急性期病院から特別養護老人ホームなどの介護施設まで幅広く担当しているのは同じだね。
神野: MRの時と比べた違いってある?
山﨑: 医師だけでなく、栄養士・看護師など幅広い職種の先生たちに面会・提案する点かな。
神野: なるほど。ぼくも幅広い職種の先生たちに面会して、それぞれの立場からのお困りごとやお悩みを情報収集するように心がけてる。
山﨑: お客様の課題解決に一緒に取り組めるのは、この仕事の醍醐味だよね。

---入社前とのギャップはあるか
神野: 大企業なのに、社員1人ひとりが積極的に新しいことにチャレンジできる雰囲気・環境があるのが、うれしい驚きだった。
山﨑: お客様のいろんな課題解決をするうえで、情報収集力・アイデア力が試されるよね。
神野: 僕も自分自身が主体になって地域セミナーを企画・実施したりしている。
山﨑: 少しでもお客様のお役に立とうと毎日活動している中で、 「栄養の力で日本の医療を変える」という使命感は、入社して日々強く感じる。

---直行直帰の営業をする中、困ったときはどうしているか
山﨑: 仕事で困ったとき、壁にぶつかったときはまず経験豊富な上司に相談するようにしてる。気軽に電話でとか、同行のときとか。
神野: 情報共有にはスカイプ会議なんかも便利だよね。上司だけじゃなくて、先輩とか同期とか。
山﨑: 全国に配属された同期の存在はほんと大きい。単に情報を得るためだけじゃなくて、みんなもがんばってるんだな、というのがわかると、「負けずにがんばろう」って奮起できる。
神野: 営業活動で疑問・不明になったことをフォローしてくれる部署があるから、本社のバックアップ体制もありがたいよね。