厳しくも愛のあるロールプレイングセッションは営業活動で多いに役立っています!


---研修プログラムの中で印象に残っていること
山﨑: 前半の講義(座学)でもいろんな新しい知識を得られたけど、やっぱりお客様との面会を想定したロールプレイング。
金村: 同感。事前準備の必要性とか、かなり勉強になった。
山﨑: 製品特徴とかの知識だけでは、提案が通用しないからね。
金村: そう。相手のニーズを的確に把握することが求められるから、どうしたらお客様の役に立つ高付加価値提案ができるか、考える実践的トレーニングになった。
山﨑: トレーナーたちの厳しくも愛のある指導には、ほんと感謝してます。

---研修を受ける中で感じた前職との違いは?
金村: 前職はタイヤメーカーの営業だから、まったくの異業種。何もかも新しいことだらけだった。
山﨑: 僕は前職が製薬会社のMRだから、業界の慣習とか特性はとっつきやすかったけど、一番大きな違いとしては扱う製品数を感じたな。
金村: そんなに違うの?確かにバラエティ豊かで始めはびっくりしたけど。
山﨑: うん。でもその分お客様のニーズに応じて柔軟に、一緒に考えながら提案できるのが醍醐味で、おもしろいと感じた。

---現場に配属されてから特に役立っていることは?
山﨑: 営業現場で医師・栄養士などの専門職、その道のスペシャリストと接するにあたり、事前にちゃんと基礎的な医学知識についても学べたのは大きかった。
金村: 約2ヶ月間、同期みんなで励ましあいながら勉強したね。
山﨑: 身体の機能や疾患なんかの知識も不可欠だからね。
金村: 研修で一緒に机を並べた同期が全国で活躍している話を聞くと嬉しくなるし、今でもよく連絡取り合ってるよね。
山﨑: 直行直帰の営業だから、気軽に連絡が取れる同期の存在はホント心強い!